【コラム】ますます落ちる航空需要予測、我々はどうやって生き延びるのか

  • 2020年10月3日(土)

 先日、IATAが2020年の通年旅客予測を66%減へ、これまでの予測より3%下方修正しました。北半球の夏の旅行シーズンが不振だったことの影響です。新型コロナウイルス感染症の航空業界への影響は依然として落ち着く様子もなく、苦しい状況が続きます。国際線に関して言えば、いくら観光や出張のニーズが存在していても入国や帰国後の隔離要求が撤廃されない限り、止むに止まれぬ事情がある人以外は海外へ行かないわけで、IATAの予測下方修正は当然のものと言えます。

 しかし「予測が更に悪化して困ったね…」とため息を付くだけで済ませてはいられません。コロナの影響が落ち着くまで、海外渡航からの収入がほぼ見込めない状態でどうにか凌がなければなりません。政府からの補助金や助成金でどうにかなればいいのですが、会社の規模によってはそう大きな助けにはなりませんし、当然いつまでも政府の援助があるわけではなく、需要が戻るまで援助が続くと考えるのはあまりに楽観的な予測でしょう。

 そうなると、海外渡航とは関係ないところで収益をあげていく必要があります。一番最初に思いつくのは、国内旅行から収益を上げることでしょう。国内手配の経験者がいることもあるでしょうし、そうでなくてもこれまでの業務で得た知見を活かせる機会は多くありそうです。GoToキャンペーンによる後押しもありますし、今週掲載した記事でも長崎県や五島市が行っている旅行会社が利用できる補助制度を紹介しましたが、他の観光地でも多様な補助制度が存在するでしょう。それらを活かせばそれなりの収益を上げることができるかもしれません。

 もう一つは、旅行業とは全く関係ない事業を始めるという選択肢です。突飛な発想のように聞こえるかもしれませんが、タイではHISの現地法人が家電製品の販売を開始したとニュースにもなっていましたし、抗菌事業を開始された旅行会社様のお話なども聞こえてきます。旅行会社としての知見自体は活きないかもしれませんが、これまでの販路やお客様との関係性は活かせます。

 ここまで読んで頂いた方からは「国内の需要だって全然ない!」「旅行とは関係のない事業のアイデアなんてそうそう浮かんでくるもんじゃない!」と、否定的なご意見もいただくであろうと思います。もちろんそのとおりで、そもそも新しいことを始めるというということは常に失敗と隣り合わせです。かのスティーブ・ジョブズですら、新規事業の成功率は3割だったと聞きます。それでも、生き残れる確率を上げるには何かを始める他ないでしょうし、そもそも新しいことを始めず、リスクを背負わずに未来永劫安泰な事業など存在しないはずです。「コロナのせいで」ではなく「コロナだからこそ」何かを変えてようと動くべきなのだろうと思います。

この記事へのコメント

コメントを書く

  • COROPPEさん 10月3日(土)

    各社共に、様々な取組を開始しているかと思います。
    10以上の新規ビジネスに手を出したうえでのコメントですが、旅行業界は比較的真面目な業界なので、新規ビジネスに参入し、一定のシェアを取るのは容易です。

    しかし、その先の柱となりうるビジネスへと成長させるのは非常に骨が折れます。

    個人的には、事業の多様化を図るより、次の10年後の危機が発生する前に、シェア向上を目指した方が強いと思いますので、今後5年で既存の事業強化を図り、5年後にその資金をもって別会社を立ち上げ、新規ビジネスに本格的参画をするつもりです。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ